いぼを無くそう!【治療経験が豊富なドクターに任せると安心】

治療費はサイズによる

看護婦

傷跡の残りやすさも考えて

ヒトパピローマウイルスに感染してできるいぼは保険治療が可能ですが、加齢による老人性のものは自由診療の範囲になります。また、ウイルス性でも、早く治したい人が自費でレーザー治療を受ける場合もあります。レーザー治療は、ウイルスに感染した部分を完全に除去できれば完治が望めるので、治療期間の短縮になるとして人気です。老人性のいぼは、正式には脂漏性角化症と言い、シミだったものが盛り上がってくることが多いです。皮膚科によっては保険診療で対応してくれますが、適用される治療方法は液体窒素療法なので、痛みと傷跡を我慢しなければいけません。自由診療であれば、炭酸ガスレーザーやサージトロンと言われるラジオ波メスによる治療など、いくつかの選択肢があります。炭酸ガスレーザーで除去する場合、面積が大きいほど色素沈着などが残る可能性が高くなります。一方、サージトロンは炭酸ガスレーザーよりも傷痕が残りにくいです。炭酸ガスレーザーは病変部を蒸散させて細胞を除去しますが、そこは炭化します。サージトロンはそこまで組織を傷つけることなく除去できるため、傷の治りが早く、傷跡が残りにくいという原理です。料金は、大きさによるものの、一つ5,000円程度が相場です。老人性いぼ、脂漏性角化症の治療は、美容皮膚科で行うのが一般的です。自由診療なので、料金はクリニックの自由設定です。いぼ一つの除去に5,000円程度を目安にして、クリニックを探すといいかもしれません。この他、初診料に3,000円程かかります。炭酸ガスレーザーで施術する場合、しばらくの間赤みや色素沈着が残るのは避けられません。その先色素沈着を残さないためには、傷跡を早く治すことが大切です。そのため、クリニックによっては、その後追加の施術やドクターズコスメを薦めています。スキンケアまでトータルでケアしたい場合は、そのような取り組みに力を入れているクリニックを選び、反対に費用を抑えたい場合は希望以外の施術を薦めることのないクリニックを選ぶといいでしょう。また、炭酸ガスレーザーより炭化しにくいエルビウムヤグレーザーを導入しているクリニックが増加傾向にあります。傷を残しにくい点でサージトロンと同様で、むしろ導入率はサージトロンより高いかもしれません。新しい医療機器のほうが料金が高くなるのが一般的ですが、エルビウムヤグレーザーでいぼ治療を行っているところを探すのも一案です。また、広範囲に老人性角化症が現れている場合は、施術を何日かに分ける必要があるので、立地も考慮しておきたいところです。

Copyright© 2018 いぼを無くそう!【治療経験が豊富なドクターに任せると安心】 All Rights Reserved.